RufusAries

牡羊の魔女がミシン刺繍とかイベントとか日常的なことを書いたり書かなかったりします。

20220704の記録

今日は寝起きからひたすら腰が痛いけど、
今日中に処方して貰わないと服用が途切れてしまう…!
コルセットガチガチにして出かけました。

 

いつもだったら寝起きすぐは不調でも
しばらく動いていれば体もほぐれて薬も効いてくるから、
コルセットを使うことはそこまでないんです。
作業ぶっ通しした結果の疲労とか、
長時間の外出時とかでは使ってますけども。

 

しかし今日は薬も飲んだのに全然効いてる感じがしないので、
ほぼ一日中コルセット着けっぱなしでした。暑い!!

 

 

 

帰宅後も横になりたい気持ちを抑えつつ!
刺繍機さんに試験管ホルダー土台の量産して貰ったり、
その間にミニポーチの試作をやったりしてました。

 

 

 

試験管ホルダーも実はデザインやサイズを一新しておりまして。
これまでその試験管として3本差していたプリフォーム
(ペットボトルの膨らませる前の物)は
ペットボトルと同じ素材なので購入者にとっても扱いやすいし、
飲食物を入れても問題ないのは大変良いのですが!

 

白いキャップがファンタジー世界観的に
途轍もなく浮くのが問題で。

 

塗ってもいいんですが、そうすると衛生的に
飲食物を入れる事は出来なくなるしなぁ。
塗装カスタマイズは購入者の自由にしたいなぁと。
そうなるとこちらでは何も弄らず、
真っ白のキャップとして販売するしかないわけで!

 

せめて蓋がどうにかならんかなーと思って探したら、
アルミ製の蓋で本体がプラ素材の似たようなものがありまして!
(ペットボトルと同じ素材ではなさげ?)
細さも微妙に異なるので、ホルダーを作るなら
それに合わせたサイズにしないとならなかったので。
じゃあついでにデザインも一新したろと思いました。

 

これまでのが左、新しいのが右です。
旧バージョンはプリフォームが1本足りてないんですが
現物サンプルなのでいいかなって。

 

これまでのプリフォーム版のものは全部売り切れたので、
今後はアルミ製の蓋のものを販売します。
両端にナスカンを取り付けるパーツがまだ作成出来てませんが、
概ねこんな感じになる予定です。

 

 

 

あととりあえずミニポーチの堅さについては
バリ堅の接着芯を中に仕込んでみて、
これでいいかなーと思ったのでいよいよ量産工程に移れます。

 

やっぱり堅さが邪魔でたまに縫いにくいけど、
PP板を内側に仕込むよりは断然マシですね!
縫いあがりも綺麗だし!

 

 

 

今回はベルトといいミニポーチといい、
結構試作のリトライが多かったなぁ…。


先月のトレファン2でごっそり売り切れたので
(上記の試験管ホルダーと同様に)いっそ量産するなら
新しいデザインで販売したろ!の精神がね…?

 

特にポーチとかは作り方が全く同じなら
ここまで試行錯誤しなくて済んだんだろうけど!

 

 


アトマイザーボトルケース用のナスカンも届いたので
その固定用にカシメ打ちしたりと、
腰が痛いながらも細々と完成しているものもあったりします。

 

 


【ミシン刺繍用 無料配布データはこちら】

rufusaries.hatenablog.com