RufusAries

牡羊の魔女がミシン刺繍とかイベントとか日常的なことを書いたり書かなかったりします。

20220604の記録

(※イベント準備でブログを書く余裕がなくて
 タイムリーに更新出来ていませんでしたので、
 6/8に更新しています)

 

TREASURESofFANTASIA2(通称トレファン)に
出展しました😆

 

 

 

 

 

 

上の画像は1日目終了間際の写真です。

いやね、設営直後を撮ろうと思ってはいたんですよ。
終わる前に開場しちゃって、お客様が続々来られたので
撮るのは諦めました😇

 



いやー、初めての遠征(思えば関東内どころか
首都圏以外のイベント出た事ないや…)だったので、
関西の方にうちの作風をどう見て頂けるかは不安だらけでした。

 

ネットでの告知は地域を問わないとはいえ、
ブースを直接見られないという意味での知名度がまるでないので。
「ネットでツイートが流れてきたのを見た事がある気がする作家」と
「作風を知っててブースに行ってみたい作家」には
大きな違いがあると思ってます。

 

 

 

ビックリしました。


そもそも同じ主催の方が開催しているライファン
(LIFEisFANTASYの略/体感型LARPイベント)も行ったことがない上に、
前回のトレファンも一般でも行った事がありませんでした。
ファンタジーガチ勢しか集まらない類の物販イベントは、
いつぞやの星森魔法市で経験したつもりでした。

 

あれ以上に人混みが凄い😲

 

土曜の来場者数はおおよそ550人との事で。
通路もそう広くない中、作家を除いてそれだけの方が来たのか…!
設営時間内での放送でも
「一般参加の方が100人くらい外で待機してます」とか言ってたし!


ちなみに開場後1時間経ってからも
「人数制限かけてるから外で待ってる方がいっぱいいるので、
 お買い物終わった方は出来れば出てあげてね!」的なアナウンスも。
いやー、時間制限なしとか完全入れ替え制じゃないなら
入ったからにはじっくり回りたいよなーという気持ちもわかりみ。

 

 

 

設営では何をどう置くかでかなり迷いました。
優先順位の高い物から置きましたが、
やはり置き切れない物も多々ありまして。
(デザフェスではベテラン売り子ちゃんがサクサク置いてくれるため、
 彼女に結構任せっぱなしなので
 羊さんが何も考えてないウーマンなのがモロバレしました)

 

長机だけでなく折り畳みコンテナや在庫を入れている引き出しも
机代わりに使用したりと、無理矢理置いても置き切れないってどうなん。

 

今回の売り子を引き受けてくれた友人のヤツフサさんには
「種類はともかく、色のバリエーションが多い!」
とツッコまれましたが…刺繍魔術って同じデザインで
生地や糸の色違いで雰囲気変わるからついやっちゃうんですよ…!

 

 

 

土曜は夕方までほぼずっとひっきりなしにお立ち寄り頂いたので、
喉も腰もヤバかったです。


「開場時間はたった5時間だし?」と思ってました。
知名度補正もないからという読みも、
グラブジャムン(インドのどちゃくそ甘いお菓子)くらい甘かったし。

 

その読みの甘さから売り子をして頂いたヤツフサさんには
本気で疲労させまくってしまい、申し訳ない限りでした。

 

でもヤツフサさんが見本用のオーバースカートとジャボタイを着用して
通路側に立っててくれたおかげで、
オーバースカートでの着用イメージが良く伝わってくれました。

デザフェスの時にも売り子ちゃん達に着て貰って実感してましたが、
やはり人体に着て動いて貰うとトルソーより分かりやすいですね!
トルソーにはマント風の着用をさせてたので、
同じ物がこういう使い方も出来るんですよアピールが
上手く効いたなぁと。

 

あと純粋に可愛い女性がオーバースカートとして着用して
くるくる動き回る様をじっくり眺められるという眼福眼福🙏
お客様への着用サンプルを言い訳に、私得効果がでかいです、はい。

 

おかげで結構「Twitterで見ました!」「試着したいです」
というお客様が序盤に多くお越し頂けました!
嵩張るけどトルソー持って来ておいて良かったわー!!

 

 

 

会場内は高架下で、半屋外なら風は抜けるかなと思ってましたが
全くそんな事はなく。

 

ただでさえ天気も良かったため、
気温も最高29度と割と暑かったです。
あと純粋に人混みがあるので熱気がこもる!
そんな状況下で真の姿(魔女衣装)着用とか地獄でしたわね…。

 

普段あんまり水分を摂らない羊さんが会場内で600ml分を消費したり、
その後の夕飯時にLサイズドリンクを飲み切ったりするくらい、
体内の水分がことごとく汗になっていたようです…。

(下手するとデザフェスの出展時間内で500mlを
 飲み切らないこともしばしばある程度に水分を摂らないタイプです)
そうしてがぶ飲みしまくったおかげで、
熱中症などにはならずに良かったです。


熱中症については斜め向かいの作家さんに心配されてたそうです、
日曜にお話するタイミングがあった時にご夫婦お二人からそれぞれ言われました(笑)

 

 

 

あとブース立地に少し難があり、レンタルした長机を置くと
お隣の作家さんとの隙間がなくなり、
自分のブースの横を通り抜ける事が出来なくて。

 

会場が高架下という場所なので立派な柱が乱立してるのですが、
これがなかなか邪魔でして。

分かりづらいですが、黄色のバツ印があるところから
最短距離で表には出られなくて。
赤い矢印のように迂回しないと出入りが出来ませんでした。

 

机を斜めにすれば隙間を作れるか…?とも思ったのですが、
ブースの奥行きもほとんどないので
後ろの作家さんの邪魔にもなるためそれも出来ず。
ていうかこの出入りで本当に良かったのか…?
前回もほぼ同じ配置だったと思うんだけど、
ここの配置になった作家さんはどうやって出入りしてたんだろう…?

 

なので通路側で立って接客するとブースの内側には
ぐるりと迂回しないと戻れないため、
合間合間に座りに戻るという事が出来ませんでした。
なので特に通路側で接客してくれたヤツフサさんの
疲労値がヤバかったという…。


せめてちょいちょい座りに戻れる状況なら
ここまでしんどくならなかったと思う…!
かといって通路側にパイプ椅子を置くスペースもないしなぁ…。
この辺はガチで対策を考えないといけないところだなぁと思ってます。

 

 

 

会場出てからすぐさま宿泊先に戻って、
汗吸いまくりの魔女ドレスを手洗いしたり、
全身もシャワーを浴びないとご飯を食べに行くどころではなく!
2週間前のデザフェスでも熱気がこもりがちなエリアで
そこそこ汗かいたけど、ここまでぐっしょりにはならなかったぞ…?

 

浴室に乾燥機能があったおかげで、ドレスの布量が多くても
翌日にはしっかり乾いたのは助かりました。

 

 

 

夕飯は友人夫妻と待ち合わせて、
宿泊先から近い超大型のフードコートに行きまして。
想像しているフードコートよりも店数も多く、内装も綺麗!

 

疲れ切っていると揚げ物はもちろん、熱いものが食べられなくなるのですが
海鮮丼を扱うお店もあったのですごく丁度良かったです!
(ここでLサイズドリンクをがぶ飲みしてました)

 

しかし食べてる間に腰の痛みが結構出てきたのでドーピングもしました。
昼の薬を夕方ごろに思い出して飲んだから、
まだ効果の持続があるはずだったのに…?!
持って来ておいて良かった、ブーストの鎮痛剤。

 

 

 

あと友人のお犬様と戯れる機会も設けて頂いたので、
初めて対面出来ました😆
「久遠の双翼」の祖であるクオンさん!!!!!

 

ずっと推しわんことして画像は追いかけてましたが、
生クオンさんは今回が初めてです。
ていうかなんなら友人夫妻とはこれまで何度も
ネット越しにゲームしてましたけど、
会うのは今回が初めてっていう。

 

緊張させてしまったけど、とても人懐こい子で
吠えたりもビビって距離を取ったりもなく、
むしろ飛びかかったりと全身で歓迎して貰えたのは嬉しかったですね💕


実家のお犬様(ミニチュアダックス)よりも
パワーがある犬種(コーギー)なので、
飛びかかりの勢いも段違い!だがそれがいい
むしろ初対面だったのに何度も飛びかかってくれるのが嬉し過ぎた!

 

普段はピンと立った耳をペタッと倒した姿や、
背を向けて歩くとお尻が可愛いとか、
生お犬様でないと摂取出来ない栄養素を供給させて頂きました🙏
コーギーの耳ってここまで倒せるのか…!」
と思ったくらいの耳ペタでした。

 

そんな可愛い耳ペタ画像?
スマホを向けたら「それ、クオンのおもちゃです?」という顔で
スマホに接近され過ぎてしまうので、撮るに撮れず!


ていうか人間が少しでも動くとクオンさんの視線もついてくるので
なかなか撮影させてくれる余地を与えてくれませんでした…!
ガードの堅いお嬢さんだわ…!

 

 

 

そんなこんなで遠征での出展初日と、
友人夫妻のお宅へ訪問とかなり濃い一日でした。
設営や接客など大変な部分もありましたが、
楽しい事しかなかったなぁ。

 

 

 

【ミシン刺繍用 無料配布データはこちら】

rufusaries.hatenablog.com