RufusAries

牡羊の魔女がミシン刺繍とかイベントとか日常的なことを書いたり書かなかったりします。

20210916の記録

今日も引き続き、オーダー頂いている「久遠の双翼」の制作作業。
しかし表裏を接着剤で固定するまで縫製が出来ないなーと思ったので、
職業用ミシンの糸を「久遠の双翼」用に白糸にしてたのを
ブックカバーの縫製用に黒糸へ替えたんですね。
押さえもそれに合わせたやつにして。
針板にもマグネット定規を測って設置して。

 

…あ、マジックテープの縫い付けを先にやらんと
表裏の接着が出来ないわ。
結局また白糸を通し直して、押さえも取り換えるっていう。

 

乾燥で時間がかかるのだから、
接着までは昨日のうちにやっておけば良かったなー。
しかし思ったより接着工程までで手間がかかるので、
やろうと思っても全部は接着出来なかっただろうなーとも、
今日接着して見てしみじみ思いました。

 

 

 

気を取り直して毛布を丸洗いしようと思い、
洗濯機を回し始めたところで
柔軟剤を切らしている事に気付くっていう…。
おいおいまたうっかり発動かー???
もはやパッシブスキルと言っても過言ではないのでは???

 

…水浸し毛布を速攻干すよりも買いに行った方がいいかなーと思ったので、
出かけるついでにオーダー品の発送もまとめてやりたい!!
なので急いでクリックポストの宛名面を印刷せねば!!

 

…そういう時に限ってさ、プリンタの異常が発生するのよね…。

 

ギャース!!
早く柔軟剤を買いに行かないとならないのに!!
インクも交換したり、ノズルチェックとクリーニングを何度も繰り返して
ようやく出るようになりました…。

 

エプソンの公式サイトで
「ヘッドクリーニングとノズルチェックパターン印刷を
 交互に3回繰り返してね☆」
という解消方法が記載されておりまして。
(機種によっては2回だったりします)
実際に3回程やったらインクの出がマトモになりました。

 

 

 

合間合間で刺繍機の下糸がなくなったり、
上糸に合わせて下糸の色味を揃えるために停止したり、
刺繍が終わったから再度枠嵌めしたりとせわしない一日でした…。

 

 


画像はせっせと作った封蠟風刺繍です。

f:id:RufusAries:20210917151101j:plain



シールワッペンにしてオーダー作品のお手紙や
ランチョンマットのタグに貼り付けています。
手間も資材も使いますが、これあるのとないのとで
結構見栄えが違うなーと思っています。

 

実際の封蝋も好きなんですけどね。
やるなら牡羊のロゴのシーリングスタンプで押したいなぁと。

 

 

 

【ミシン刺繍用 無料配布データはこちら】

rufusaries.hatenablog.com