RufusAries

牡羊の魔女がミシン刺繍とかイベントとか日常的なことを書いたり書かなかったりします。

20210609の記録

今日の作業は手縫いがメインでした。
委託先の現物見本として置いておくサンプルを
完成させないと納品出来ないなと思っていたので、
オーダー関連の作業はちょっとお休みして
こちらの作業を進めていました。

 

以前作ったダークな魔法少女グッズと名高い
ミラーと翼がついたケースを作成していました。
随分久々に作ったなこれ…。
堅い部分が多くて手縫いしんどい…!

 

ポーチも手縫い工程があったのでそれもやりつつ。
指先がボロボロです。

 

 

 

今日もポーチのオーダーに関するお問い合わせに返信してました。
デザフェス以降、これでポーチのオーダーご相談は2件目です。
出展すると現物を見て頂いた上で「ここ変更出来ない?」という
ご相談があるのも非常に出た甲斐がありますし、
「デザフェス行けなかった…通販ついでにオーダーってどれくらいするの…?」
という方もいらっしゃるご様子。

 

前回のデザフェス出展後も旗のオーダーを頂けましたしね。
やはり現物を見て「この作家はこういうの出来そう」と
思って頂くのはいいですよね。

 

ご相談があるだけポーチも需要はあったんだなーという感じと、
やっぱり色やデザインも既定の色味だけじゃないやつが欲しくなるよねー!
という気持ちも湧きますよね。
製品として同じものを量産するとなると、
省かざるを得なかった仕様などもあるのです。
色味のバリエーションとかやりだしたらキリがないしね!
(コルセットは全部色の組み合わせを変えて、その分縫製作業で泣いたし)
もしオーダーをご検討の方は(カスタマイズする分の金額は加算しますが)
量産品にはない仕様も遊んでみて下さい。

 

 

「刺繍って自由性が高くて楽しい物なんだよ」という感覚を
オーダーを通して体感頂けると、一層沼に引き込めるかなと思っています。

 

 

ご相談頂いている方にレーヨン糸見本帳を説明する際に
「別名:沼の書」と書いて中身の画像も添付したところ、
非常に同意して下さりました。
あれは一層刺繍沼に引きずり込む悪魔の魔導書だわ…。
刺繍に興味があってオーダーをご検討の方だからこそ、
一層刺さりやすい要素を兼ね揃えてると思います。

 


しかし…毎度毎度、オーダーに関する内容を検討されてる方用に
文章をアレンジしてメール本文に打ち込んでいるのですが…

 

最初からベースのオーダー概要まとめておこうね???

 

そうしたら検討されている人も聞く手間が省けるし、
オーダーに対するハードルも低くなるんじゃない???
私もめちゃくちゃ時間かかってて「何で過去の私、何で…!」
とか言いながらメール書いてるんですよね。

 

ご依頼主様ごとの細かい確認内容はともかくとして、
オーダーに関するお約束事は変わらないのだから!!!

 

 


【ミシン刺繍用 無料配布データはこちら】

rufusaries.hatenablog.com