RufusAries

牡羊の魔女がミシン刺繍とかイベントとか日常的なことを書いたり書かなかったりします。

20210509の記録

最近の気候にしては異常なほどに暑かったですね。
部屋にいてじわじわと汗が出てくるくらい。
体がまだ暑さに慣れてないので余計に暑く感じるのだと思います。
これ夏本番になったら冗談抜きで干上がるんじゃない…?

 

ちなみに「ソフトクリーム食べたい」をこの日だけでも
5回は言ったと思います。
アイスクリームじゃないんだ、ソフトクリームが食べたかったんだ…!

 

 

 

昨日あんまり作業出来ていなかったので
今日は集中して頑張りましたが…
健康な人に比べたら全然大した時間はやれてないですね。
これが今の私の最大限ということか…!

 

このべらぼうに暑い中、昨日水通しした生地全部にアイロンかけたけど
何でこのいと暑い中アイロン握ってるんだ…?と思ってました。

 

 


形代風マスクベール(仮称)は材料不足で止まったので
ランチョンマットの方を先に作ろうと思いまして。
マスクも途轍もなく中途半端なところなんですが、
でかいものをまず片づけたいなと思いまして。
…しかしこれまた裏側用の生地が足らないでやんの。

 

表の生地色に合わせて、裏側の生地色も似たような色味を使っています。
3枚分なら30cm分で足りるだろーと思って先日買ったんですが、
30cmだとギリギリ足らなかったという…。

 

生地の向きを90度変えると2枚分は使えるんですが、
非常に中途半端な余り布が出るというモヤモヤ具合。
(念のための補足。服だと生地の向きは変えられませんが、
 ランチョンマットは生地の向きを気にせず裁断しています)

 

 

 

仕方ないので今作れる分だけやろうということで、
ある分を裁断して表と裏を合わせて縫って。
本来はここですぐ裏返す工程なんですが、
安定紙を剥がし切れていない分が多々あるので
裏返す前にせっせと剥がしていました。
実家でも何枚かはやってたんですけどねー。

 

これが誇張表現なしで、ランチョンマット1枚分の
安定紙を取り除くのに40分かかります。
大部分を剥がしてもクルクルとした模様の合間にある部分が残るので
それが結構細かかったり。
あと簡単にペリッと剥がれてくれないので
リッパーの先端をねじ込みながらひたすら剥がしています。
剥がすのに効率の良いデザインも考えなくはないけど、
それは本末転倒だし魅力的なデザインでもない気がします。

 

なので簡単そうに見える(実際にシンプル)構造の
ランチョンマットが未だに終わっていないのは、
この安定紙剥がしで滅茶苦茶時間がかかっていたからなのです…。
割とサボってないですよ?!
結構頑張ったんですよ、これでも!

 

 

 

 

【ミシン刺繍用 無料配布データはこちら】

 

rufusaries.hatenablog.com