RufusAries

牡羊の魔女がミシン刺繍とかイベントとか日常的なことを書いたり書かなかったりします。

20210418の記録

サイバーテイストマスクの黒生地バージョン、
Mサイズ・Lサイズどちらも2枚ずつ作成しました!
枚数が少なかったので裁断から縫製、紐通しまで今日だけで終わりました。

 

とはいえ度々腰が痛くなって座るのもキツい時があるので
作業する⇒寝る⇒作業する⇒寝る…を繰り返しました。
もう少し黒生地バージョンの枚数も増やしたいけど
他の作業もしたいなーという気持ちも…。

 

マスク自体は歯車柄の再量産も考えているので、
マスク作る事自体はまだある予定なんですよねー…。
むしろ新柄も何かしら作りたくも…もっとマスクが増える…!

 

 

 

お風呂に入っていてネタの神が降臨されあそばされたので、
3D刺繍の使い道を考えたり。
リラックス状態になるとネタの神が降りてきやすいですね。

 

 

 

あとTwitterの方でスチームパンク界隈がザワついていますね。
大雑把に言えば、スチームパンク警察的な人がいるとかいないとか。
価値観の押し付けですね。剣呑剣呑。

 

「それぞれの考えたスチームパンクがあっていいじゃない」
とは分かってはいるんですが、
自分もスチームパンク作品を作っていると名乗っていいのか
正直自信がない部分があります。魔法メインだし。
なので歯車の刺繍がある作品も意図して「歯車柄」と書いています。

 

かつての知人の発言で「動かない歯車に意味はない」とか
「この歯車、何のためについてるの?」とか、
自分の作品に向けられた発言ではなかったけど、
そういう発言がしがらみとなって、歯車をあしらったデザインは
物凄く作りにくくなったのは否定出来ません。

 

 

 

実際に歯車は何かを連結させたり、他のパーツを動かすための機構だし。
私も刺繍作家である以上、意味のある動きのある歯車を作るのは
絶対に出来ないわけではないが、刺繍である意味もなくなってしまう。
それじゃ根本がおかしくなってきますね。

 

でもヘアアクセサリーなんかに付いてる歯車が回ったりすると
髪の毛も絡んだりすると危ないので、
歯車や機構が動くかどうかも物によってでいいんじゃないかと。
作家さんの作品で、機構で動かせるものを作れるかって
そんなの作風にもよりますし。

 

 

 

これは個人的な感性による話になりますが、
ただごちゃごちゃと市販の歯車チャームを貼り付けただけの物は
個人的にはあまり好きではありません。
なので自分では作りません。
だからといってその作品を作った人や作品を貶める発言は絶対にしません。
そしてセンスよく多数のパーツを組み合わせられる人は尊敬します。

 

それからこの手の歯車モチーフを使う作家さんに多く見受けられるのは、
作品名にスチームパンクとわざわざ書く人を目にする気がします。
みりん風調味料的な。みりんじゃないですよというアレです。
わざわざこんな表記にするのは、どこかにいるであろう
スチームパンク警察に絡まれるのが怖いからでは?と思っています。
まぁ新参の人からしたら怖いと思うし。
傍から眺めていた私の立場でも怖いと思うし。

 

 

 

どのジャンルでもそうなんですが、古参の人が固まっちゃうと
新参からしたらもう入り込む余地がほとんどないというか。
「うるせー!私の考えた最強のスチームパンクがこれなんだよ!」
スタンスを貫ける新参もそういないと思いますしね。


そういう「歯車は動いてナンボ」「蒸気で動いてこそスチパン」
という価値観の人もそれはそれでいいと思うんですが、
価値観押し付けはジャンル衰退の加速ブーストにしかならんので
自分の中で盛り上がるか本心からの同志を探して欲しいものですね。

 

 

 

【ミシン刺繍用 無料配布データはこちら】

rufusaries.hatenablog.com