RufusAries

牡羊の魔女がミシン刺繍とかイベントとか日常的なことを書いたり書かなかったりします。

20201112の記録

ようやく重い腰を上げて、在庫数のカウントをしました。

 

合わない。
数が、合わない…!

 

売れたものの書き漏れか、盗難か、
持ち込み数からのカウントミスかは正直なんとも言えませんね…。
開場時間内も完全完璧とは言えないし、
1日目の撤収後とか一番無防備なのも事実です。

 

最初のお釣りBOXに入れてるお金を数えておけば良かったなぁ…。
随分イベント出展の感覚を忘れていたためか、
そのカウントを忘れてましたorz

 

持ち込み数-販売数=在庫数が合っているなら問題なくて、
いくつか1つ在庫が少ないものもあるのは上記の理由もあるでしょう。
しかし今までも誤差が出なかったわけではなかったものの、
ここまで誤差が出まくるのはちょっと異例かも。

 

そして一番の謎。
30枚持ち込んで13枚売れて、
在庫数20枚の魔法陣タオルハンカチ…!
何故に増えてるんだ…?
こりゃあデザフェス七不思議にカウントされるかもしれませんね。
魔法で増やした?魔法陣柄なだけに?
いやいや身に覚えのない魔法で増やした商品とか怖いですしおすし。
メモした人が歯車タオルハンカチと混合したかな?とも思ったんですが、
そっちと合わせても数が合わないんですよね…。

 

売れた物チェックしたかしてないかすら、
2日も出てると記憶もあやふやですし
(なんなら売れたもののチェックをしようとして
 「ついさっき購入された500円って何買われたやつだっけ?」
 みたいな会話が出る事も稀にあります)、
POSレジほどガチなものじゃなくて良いから
バーコードやQRコードを読み取って在庫管理出来る物が欲しいですねー…。

 

「売れた物をiPadで画像を撮るのはどうか?」という話も出たのですが、
若干面倒かなぁと思って実装はしませんでした。
画像に残す利点は、売れた色味が分かるので
1点物の商品なんかは何の色味が人気かわかるんですが。
(次回の再販ですぐに見られる点はとても便利)
文章で残そうとすると、①商品名 ②生地色 ③糸色 と
書かなきゃいけない内容が多いですからね。
ただ買おうとしている商品の写真を撮られているのは
お客様的にどうなんだろうなーと思う部分もありました。

 

ちょっと販売時の効率化と在庫の管理性をどうにかしないと
今後もっと誤差が出てしまいそうなので、早急に対処しないとですなぁ…。

 


それはそうとポケモン盾剣の実況動画を見れば見るほど欲しくなる…!
主人公の服とか髪型とかいじりまくれるの、何ゲーだよこれ!!
でも絶対のめりこむのわかりみしか感じない。
あー、やばい。今更買いそう。怖い。危ない。