RufusAries

牡羊の魔女がミシン刺繍とかイベントとか日常的なことを書いたり書かなかったりします。

20200910の記録

畔柳先生のブログにて、クルヒーさんのDECO刺繍CDの
刺繍モチーフと一緒に撮って頂きました!!
ありがとうございます!!
自分のデータがこうして活用頂けているのを見ると、とても嬉しいです!!

 

eshisyu.com

 

f:id:RufusAries:20200910212445j:plain

画像は先生のブログよりお借りしました!

 

こんなに色んなカラーバリエーションで作って頂いて、
嬉しい限りです(*´▽`*)
自分では試し縫いで作った青系グラデしか作っていなかったので、
左下の洋ナシが乗っている色の組み合わせも面白いと思いました!
オーガンジーでも綺麗に刺繍出来ているようで何よりです!
フルーツ刺繍のポップ感と合わさると、また違った印象ですね。

 

ご使用頂いたDL販売データはレース12ですね。

rufusaries.base.ec

 

販売ページのプレビュー画像では掲載していませんでしたが、
7/26のブログにて記載しました通り、
糸の切り替えタイミングで停止させても綺麗な枠になるよう作っています。

rufusaries.hatenablog.com

 

 

 

 

そうそう。先日、データの魔改造に関するお問い合わせもあったので、
私の作ったデータ(刺繍ノ魔導書・DL販売データ)の
魔改造やアレンジについて、ちょろっと語ろうかと思います。
他の刺繍CD制作者様のスタンスは分からないから、
あくまで私のデータに限りますよ!

 


まず初めに。
魔改造するなりアレンジするなり生で召し上がるなり
煮るなり焼くなりお好きにどうぞ!
ただし自己責任で!
自作発言や魔改造データの販売はダメですよ!
商用OKですが著作権は手放してませんよ!
これが大前提です。

 


そもそも「魔改造」とはなんぞやと。
元の形から少しでも変形することを指すと思うので、
刺繍データの一部を縫わないとかは魔改造には含みません。多分。
なのでこの場合は「アレンジ」とここでは呼称します。
(冒頭のレース12を使用されたコースターがまさにアレンジです)
魔改造でもアレンジでも、下記はほぼ同じスタンスとしてお読みください。

 


一切加工しない状態のデータは、畔柳先生に鬼検品と試し縫いをして頂いて
確実に綺麗に出来る保証があります(ただし生地にもよります)。
ただし、データの縮小や拡大もこちらの保証外にはなってしまいます。
なので魔改造の結果、綺麗に刺繍が出来なくても自己責任なのです。

 


だって、一切加工しない状態でデータが使えるかって、
相当な制限がかかるじゃないですか。
購入者様の100%好みのデザインや大きさならいいんですが、
なかなかそうもいかないと思います。
ただでさえ超絶マニアックな収録物ばかりですし。
だから、購入者様の好みにカスタマイズするお手伝いをするための
刺繍CDだと思っています。

 

デザインを0から生み出すよりも、収録データから
「ここを削ったら自分好みに近づくかも」と改造する方が早いし、
成功体験にも繋がるし、自信にも繋がります。
成功体験を繰り返してもっと自分好みのイメージが具現化したら、
魔改造をしなくても自分で0からデータが作れるようになれます。
あるいは自作データのどこで躓いたか、
どの表現が上手く行かないかの問題点が明確になるので、
どなたかレッスンが可能な方に教えて貰えればより上達します。
どうしても自分で作れないデータは、データ制作を請け負われてる人に
依頼するのも手だと思います。
そういう妄想の具現化のお手伝いをするために、
私のデータを使って頂ければと思います。

 

ここまでとてもいい事言ってますが、アレな言い方をすると
「私のデータを使って

 もっと刺繍病が悪化したらええねん」です。
いやほら私、これでも刺繍病関東支部の幹部(自称)ですし?
刺繍の魔法をかけて刺繍沼に引きずり込むのが本望と言いますか?

 


魔導書らしいことを言うなら、
「魔導書には水の魔法の出し方を収録しました。
 その水の魔法を飲料に使うのも、泳ぐために使うのも購入者様の自由です。
 同様に収録した火の魔法とかけ合わせてお湯にして使うのも自由です。」
的な感じでしょうか。
あくまで原形の提案だけで、データもそのままでも使えるけど
他にも改良して構いません。
ただの水だけとして使うよりも、組み合わせたり何かと混ぜた方が
オリジナリティも出るし汎用性も上がるかと思います。
飲み水だって甘くしたい人もいればコーヒーに使いたい人もいます。
使用する糸や生地によって水の味は多少変わるけど、いろ〇す止まりです。
コーヒー豆がないとコーヒーにはなれません。
だから個人個人のカスタマイズは自由にしたい。
…あれ、表現が結構回りくどい?

 

なので躊躇せずに「このデータの一部と別のデータの一部を合体させたい!」とか
「個人的にはこのデータ、こうなったら最高じゃん…」など思う事があれば
まずはじゃんじゃん刺繍ソフト上で形にして見て下さい。
むしろそういう新しい発見があった方がお得な気もしますし、
制作者としても「なるほどー!そのパーツをそう使うか―!!」と思ったりします。

 

購入者様が10人いれば、10通りのアレンジや魔改造があると思います。
プレビューで表示されたそのままの形に縛られない、
新しいカスタマイズを生み出すお手伝いとして活用して下さい。
今まで「そこまで好みじゃないなー」と思えたデータも、
パーツ単位で見たら活かし方次第で生まれ変われるかもしれません。

 

もちろん収録したデータごとに拘りは色々とありますが、
それを購入者様が配慮して躊躇って全然使って貰えないなんて
とても勿体ないじゃないですか。
なので制作者の拘りの押し付け、ダメ。絶対。
せっかく5千円を使って購入されたのですから、
叶うことならそれ以上に(金銭的にでも精神的にでも)元を取って欲しい。
私も売れて良かったと思いたいですし、
購入者様にも刺繍ノ魔導書を買って良かったと思って欲しいですし。
出来る限りWin-Winになりたいじゃないですか。
何なら「CDを使い倒したのでもう1枚買います」と言って頂いた方が
制作者として嬉しいですゲフンゲフン。

 


魔改造について割と異端な考え方をしているのは
多少の自覚はありますが、まぁそもそも魔女ですし。異端でナンボです。
ただし再度申し上げますが、
魔改造やアレンジ推奨はあくまで私のデータに限ります!
他の方のデータとの悪魔合体はお止め下さいね!!

 

この話を読んで「よっしゃ魔改造OKなら刺繍ノ魔導書買ったろ!」と
思ってくれる方がいるかどうかは分からないけど…!